横浜市旭区・保土ヶ谷区・瀬谷区の経営者・個人事業者の皆様へ      お問合せはこちら
会計税務・起業支援・相続・NPO・自計化・格安な報酬 無料相談(初回)     年中無休 (10:00〜19:00) 

HOMEプロフィール事務所業務内容報酬見積相続・贈与節税対策Q&Aお客様の声リンク

 TOP相続・贈与TOP小規模宅地等の特例

平成22年度税制改正

 【小規模宅地等の評価減の特例】

 相続対策として土地活用を考えておられる方について場合によっては影響が大きいと思われる小規模宅地の評価減特例の大改正が行われました。
 「小規模宅地等の評価減の特例」とは、一定の要件を満たす被相続人等の事業用又は居住用の宅地等について所定の面積を限度として、通常の相続税評価額より80%または50%の割合で減額できるというものです。

 この特例を使えば、面積は狭いが評価額の高い土地(単位面積当りの評価額が高額)について、居住用または事業用の宅地としておく(自宅を建てる、自ら営業する店舗を建てるまたは賃貸アパート・マンションを建てる、など)ことで、相続税の低減を効果的に図ることができました。

 従来は、相続人等が相続発生後に居住や事業を継続しない場合でも200uを上限として50%の減額を受けることができましたが、平成22年度の改正により、居住や事業を継続しない場合は、特例の適用対象から除外されることとされました。

 これにより、親子が離れて住んでいて相続後も子が実家に戻らないような場合などでは、この特例の適用を受けることができなくなりました。居住用ではなく、事業用の宅地の場合も同様ですので相続後に相続人が事業を継承するかどうかにより節税の効果が大きく違ってくることになります。


 また、従来は、一棟の建物内に不動産貸付用と居住用の部分が混在する建物の敷地について、敷地全体(上限240u)について居住用の80%の減額で計算することができましたが、今回の改正により、『一棟の建物の敷地の用に供されていた宅地等のうちに特定居住用宅地等の要件に該当する部分とそれ以外の部分がある場合には、部分ごとに按分して軽減割合を計算する』こととされました。

 評価減は、不動産貸付用の場合は200uまで50%となりますので、自宅併用の賃貸アパート・マンションなどの場合は、従来に比べて減額割合が小さくなることになります。また、今回の改正により、この特例を利用する対策の仕方によっては、従来と比べて特例の適用による節税効果が小さくなるか、あるいは、まったく効果がなくなってしまうという場合も起こり得ます。

 この特例については、上記以外にも、『一の宅地等について共同相続があった場合には、取得した者ごとに適用要件を判定する』『特定居住用宅地等は主として居住の用に供されていた一の宅地等に限られることを明確化する』
という改正も同時に行われました。


 相続・贈与TOPへ戻る
 
 前田公彦税理士のHOMEへ戻る

前田公彦 税理士事務所 お問合せ 0120−97−8785 (TEL 045-309-8785)